修理する。
作り変える。
再利用する。

Levi’s®のジーンズは長持ちするように作られています。約150年にわたり、私たちは毎日の着用にも耐えられる耐久性に優れた服をデザインしてきました。繊維の85%がゴミとして埋め立てられている現在、製品の耐久性がこれまで以上に重要になっています。1枚の服を、9か月長く着るだけで、二酸化炭素排出量を30%抑えることができます。環境への影響を最小限に抑え、お客様にも同様に行動していただけるよう支援することが私たちの使命です。

修理する:
あなたのジーンズに、
もう一度活躍の場を

ジーンズは年月とともに風合いを増すもの。だからこそ、できるだけ長く手元に置いて大切に着ましょう。傷んだデニムを捨てるときは、よく考えてください。Levi’s® Tailor Shopsではお客様のジーンズのほころびにパッチを当てたり、スソを詰めたり、ボタンを取り替えたり、さまざまなお直しを行います。あなたのLevi’s®を、長持ちさせる。環境に優しいだけでなく、あなたのデニムに魂を与えます。

作り変える:
大切に着よう。
長く一緒にいよう。

誰にでも、大切に身に着けるうちにできたすれやほつれのあるお気に入りのジーンズがあります。ほつれが広がってぼろぼろになっても、まだ、ジーンズはその寿命を終えてはいません。熟練の仕立て職人なら、このくたくたになったぼろ布同然のジーンズをショートパンツとして蘇らせることができます。ショートパンツは財布に。財布はパッチに。あるいはあなたの思いつく(ほぼ)どんなアイテムにも。手作りに挑戦してみませんか?
リーバイス®のDIYプロジェクトに従って、着古してくたびれたデニムに新しい命を吹き込みましょう。クローゼットに環境にやさしいものを。

「私たちは、アパレル業界は
資源消費型の
産業であることを
理解しています。
あまりにも多くの服が、
ゴミとして埋め立てられています。
私たちのジーンズで
特に素晴らしいところは、
何世代にも受け継ぐことのできる
耐久性です。
ビンテージジーンズとなる可能性を
持っています。」

—Una Murphy, Levi’s® シニアイノベーションデザイナー

再利用する:
デニムをゴミとして
終わらせない。

ジーンズは耐久性にすぐれています。言い換えれば、何世代にもわたり受け継ぐことができます。自分が着なくなったからといって、捨ててはなりません。 Levi’s の日本の店舗では、2016年より「クロージング・リサイクリング」を実施しています。 店頭に設置した特別な回収ボックスに衣料品類(下着、靴は除く)を入れてもらい、 それを再利用するもので、リーバイス製品以外の衣料品類も受け付けています。 回収した衣料品はリーバイス製品のディスカウントチケットと交換します。 これは、世界的に衣料品類のリユース、リサイクル事業を展開しているI:CO(本社:スイス)の日本法人I:CO Japanの協力を得るもので、回収された衣料品類は同社の回収施設に送られて選別され、リユース、あるいは原材料・製品としてリサイクルされます。
また、違った意味での「リサイクル」も可能です。あなたの着なくなったアイテムが、誰かの即席ビンテージに早変わり。中古品ショップへジーンズを持っていきましょう。まだ小さい弟にお下がりとして譲ったり、生まれて間もない娘がいずれ成長したときのためにとっておいたり。「捨てる」以外の選択肢。

あなたの「修理する、作り変える、再利用する」を始めましょう。あなたの「修理する、作り変える、再利用する」を始めましょう。