LEVI’S® VINTAGE CLOTHING(リーバイスビンテージクロージング)は、
過去の貴重なロットナンバーを忠実に再現して作られた復刻コレクションです。
代表的な501シリーズをはじめ、コーンミルズ社製デニムを使ったmade in the USAシリーズなど、
時代を超えてタイムレスに使えるアイテムに仕上げられています。

年代別で選ぶ
LEVI’S® VINTAGE CLOTHING 501®ジーンズ

リベットの特許権が満了を迎えた1890年、最初に創り上げられたスタイルが501®ジーンズ。シンチバック&サスペンダーボタンに1バックポケットなど忠実に再現されたモデル。

アモスケイグ社に代わりコーン生地が使用された1915年のセレブレーションジーンズ。コーンミルズのレッドセルヴィッジ・デニムと露出したリヴェット付き2つのバックポケットが特徴。

1933年モデルはベルトループとシンチとサスペンダーボタンの両方が付いた、様々な穿き方を可能にするモデル。レザーパッチの下にはブルーイーグルの小さな白いラベルが隠れている。

第二次世界大戦中、様々なディテール変更を余儀なくされた。アーキュエットステッチも政府から削除の要請が来たが、501®の伝統を守るべくステッチにかわりペイントする方法が考案された。

1947年モデルは、1930年代と大戦モデルを兼ね合わせたハイブリッドなスタイル。シンチやサスペンダーボタンという付属を取り除き、スリムなフィットはロックンロール世代の為のモデルだった。

初めて東海岸での販売を開始した1954年モデル。より親しみを持ってもらえるようジッパーフライ、レッグは細めなテーパードを採用。コーンミルズ社製のレッドセルビッジ デニムが使用された。

1955年モデルは50年代の形を体現するヒップの“アンチ・フィット”の作りと、脚にゆとりを持たせたボックス・シルエットが特長。 ツーホースの紙パッチを初めて導入したのもこのモデル。

1966年モデルは長い歴史の中で1966年から1971年のほんの短い期間にだけ、リベットの代わりに採用されたバータックと“Big E” レッドタブを併せ持つスタイル。レッグはテーパードを採用した。

シルエット別で選ぶ
オリジナルフィットチャート

LEVI’S® VINTAGE CLOTHING
アイテム一覧はこちら