LEVI’S® VINTAGE CLOTHING

THE HISTORIC
LEVI’S® 501® JEANS

1873.5.20 ジーンズ誕生

「衣料品のポケットの補強にリベットを
使用する方法」に関する特許を取得。
この時、この世に初めて“ジーンズ”が誕生した。

1890

1890 XX 501® JEANS​

1890年代は、品番統制によってリーバイス®を象徴するロットナンバーであり、世界的に有名な「501®」が付けられた記念すべき年である。この頃になると、1873年5月20日に取得した「衣料品のポケットの補強にリベットを使用する方法」の特許が期限切れを迎え、リーバイス®のウエストオーバーオールズが他社からも販売されるようになった。リーバイス®は、リーバイス®XXオーバーオールの強みとオリジナリティーをスレーキにプリントして販売した。最上級のクオリティーのものは、5から始まるロットナンバーをあてがった。501®や506™のジャケットなど。​

  • DETAIL

    1890年代の8.8オンス生機プレーンセルビッジデニム

  • DETAIL

    むき出しリベットで打ち込まれた片ポケット(4ポケットジーンズ)​

  • DETAIL

    シンチバック​

  • DETAIL

    ​ツーホースレザーパッチ​​

1937

1937 501® JEANS​

アメリカが世界大恐慌から少しずつ脱出をし始める頃の1937年の501®ジーンズは古さと新しさをミックスしながら進化を始める。失業者や農場、家を失っている人が沢山いる中、サンフランシスコではこの年にゴールデンゲートブリッジが完成した。右のバックポケットに、今ではアイコンでもある“レッドタブ”が付けられた。当時のレッドタブは「LEVI’S®」と大文字で、白い糸を使って縫われていた。また消費者がサドルや、家具を傷つけてしまうという不満に対し、バックポケットにリベットが隠されたが、リベットの存在を強調するために、初めてポケットフラッシャーが付けられた。

  • DETAIL

    隠れリベットで打ち込まれた2バックポケット(5ポケットジーンズ)​

  • DETAIL

    ベルトループ、シンチバック

  • DETAIL

    ツーホースレザーパッチ

  • DETAIL

    ビッグE、表面のみロゴが入る片面レッドタブ

1944

1944 501® JEANS

第二次世界大戦中はあらゆるディテールの変更があった。これは戦時下の資材節約の物資統制のために、アメリカ政府がすべての衣料品メーカーに一定量の金属、布地、糸を取り除き、商品を簡素化することを要請したため。リーバイス®もこれに協力し、ウォッチポケットのリベット、クロッチリベット、シンチ、シンチまわりのふたつのリベットを省き、布地と金属の両方を節約。アーキュエット・ステッチも“削除せよ”との指示が政府から来たが、アーキュエット・ステッチこそが伝統ある501®を形作る最も重要な要素であったため、リーバイス®はその要請を拒否。その必要不可欠なデザインを残すため、リーバイス®は工場から市場に送り出される501®にステッチにかわりペイントする方法を考案。

  • DETAIL

    ビッグE、表面のみロゴが入る片面レッドタブ

  • DETAIL

    ペイントステッチ

  • DETAIL

    ブランドの刻印がないリベット、月桂樹ボタン

1947

1947 501® JEANS​

第二次世界大戦が終結し、再び素材が手に入るようになり、リーバイス®は、高まる戦後需要に応えるべく、ふたたび生産量を増やしていった。シンチやサスペンダーボタンといった付属的ディテールのない、よりスリムなフィットは、まさにロックンロール世代のためのものだった。戦時中に取り除かれていたウォッチポケットのリベットも再び打ち込まれるようになり、ペンキで描かれていたアーキュエットもステッチに戻された。このモデルからは、2本針式の機械が導入され、1本針式の時代に生じていた機械の性能差や、縫製へ技術差に影響を受けることなく、リーバイス®の信頼の証であるダイヤモンドシェイプをすべての商品に同じサイズ、同じデザインで縫い込むことができるようになった。

  • DETAIL

    ビッグE、表面のみロゴが入る片面レッドタブ

  • DETAIL

    2本針アーキュエット・ステッチ

1954

1954 501® JEANS​

1950年代中頃、1873年に501®が登場してからこの年代まで、西側の州のみが販売領域だったが、はじめて東海岸での販売を開始した。すでにたくさんの人が観光用牧場でジーンズを目にしていたが、同時にジーンズに全く触れたことがない人々もまだ多い時代だった。まずは商品に親しんでもらうため、1954年にリーバイス®はシュリンク・トゥ・フィットの「ジッパーフライバージョン」を発売。この商品には、シルエット、丈夫かつしなやかな生地、リベット等、501®愛用者を魅了してきたすべての要素が盛り込まれていた。店頭には、ボタンフライの501®とジッパーフライの501®Zの両方が並び、消費者それぞれが自分に合う方を選んで購入していた。やがて、501®Zには多くのファンができ、1967年には505™という新しいロットナンバーも登場。

  • DETAIL

    ジップフライ

  • DETAIL

    隠れリベット、ビッグE表面のみ、ロゴが入る片面レッドタブ

  • DETAIL

    大きめのバックポケット、バックライズが深め

1955

1955 501® JEANS​

1950年代、501®は若者達から「自由と反抗のシンボル」として評され、絶大な支持を受ける。暴走族やギャングが501®を穿いていたことは物議を醸し、不良達にとって501®はユニホームと化す。ジーンズを穿いていくことを禁止する学校もあった。また、マリリン・モンローをはじめとするハリウッドスターが501®でスクリーンに登場し、501®を穿いた女性がどれだけ強く、魅力的で美しく見えるかを世界に知らしめた。​
1955年製の501®ジーンズは50年代の形を体現するようなヒップ部分での“アンチ・フィット”のつくりと、脚の部分のゆとりを持たせたボックス・シルエットの特長を備えていた。

  • DETAIL

    ビッグE、両面にロゴが入ったレッドタブ

  • DETAIL

    ツーホース紙パッチ

  • DETAIL

    ダークトーンデニム(インディゴの染色が深い)

  • DETAIL

    毛羽立ちのあるデニム素材

1966

1966 501® JEANS

​ 1960年代に入り、時代の大きなうねりの中、ジーンズは若者達の「自己表現」をする最も身近な存在となる。アメリカにおいては、ベトナム戦争に対する反対の意として「Love & Peace」が叫ばれたヒッピームーブメント、そしてイギリスにおいては同じく政府への反抗心を秘めたロッカーズやモッズ達が501®を穿いていた。日本では、90年代のヴィンテージブームを牽引したデニムとして有名だ。1966年から1971年のほんの短い期間だけ、リベットの代わりに採用されたバータックと、“Big E”レッドタブを併せ持つスタイル生まれた。

  • DETAIL

    隠しリベットの代わりに採用されたバータック

  • DETAIL

    ビッグE、両面にロゴが入ったレッドタブ

  • DETAIL

    ツーホース紙パッチ

  • DETAIL

    インディゴの染色が浅い(青い)

1976

1976 501® JEANS​

1975年にベトナム戦争が終結した次の年ということになる。世界にのしかかっていた重い空気感が一気に抜けたような年である。1976年は色々な意味で変革のイベントが目白押しで、ラモーンズのデビューアルバム、セックス・ピストルズのファーストシングル“Anarchy un the UK”(まさに革命は起こっている!というタイトル)の発売とともにパンクが興り、アメリカは独立200周年を迎える。プレシュランク(縮み防止)とサンフォライズ加工(ねじり防止加工)を採用した70年代を代表するテーパードフィット。

  • DETAIL

    レッドセルビッジデニム

  • DETAIL

    スモールe、両面にロゴが入ったレッドタブ

THE 501® JEAN
A CULTURAL TIMELINE

THE 501® JEAN
A CULTURAL TIMELINE 特集を見る

LEVI’S® VINTAGE CLOTHING

LEVI’S® VINTAGE CLOTHING(リーバイスビンテージクロージング)は、
過去の貴重なロットナンバーを忠実に再現して作られた復刻コレクションです。