Vol.1

ORIGINAL OF MINE

富樫 勇樹

Yuki Togashi

1890年に登場し、リーバイス®の最良の定番として世界中で愛されて続けている「501®」。そんなジーンズのオリジン「501®」を纏ったアスリートたちのオリジナリティを表現する連載がスタート。第1回目は、プロバスケットボール選手として、千葉ジェッツそして日本代表でも活躍する富樫勇樹。日本バスケット界を代表する彼に、こだわりのオリジナリティを聞いた。

LEVIS x Sports Graphic Number

501story Interview

富樫勇樹にとってオリジナリティとは。

"常に楽しむ" やっぱりこれですね。 今さらスピードなんて言っても、普通すぎて面白くないでしょ(笑)

Next

試合前のルーティーンは存在しない。

遊びに行っているというと言い過ぎですけど、試合、試合と意気込むよりもそれくらいの気持ちで試合に入った方がいいプレーができる感覚があります。

Next

アリーナが沸く瞬間を一つでも多く。

満員の会場でプレーするときがやっぱり一番楽しいです。この身長(167㎝)で大きい選手の上からシュートを決めるだけでアリーナが沸くので。一つでも多くそういうシーンを作りたいです。

Profile

富樫 勇樹 /
Yuki Togashi

1993年7月30日、新潟県生まれ。米国モントロス・クリスチャン高を卒業後、bjリーグ・秋田ノーザンハピネッツに入団。2014年には、NBAダラス・マーベリックスと契約。ʼ15年Bリーグ千葉ジェッツに加入。エースポイントガードとして日本代表でも活躍。