WE ARE 501® ENDLESS STORES. ONE ORIGINAL.

501®って、なんだろう?
自分自身が、魚拓の様に写っている?
ユニフォームのようなもの?
自分に寄り添ったもの? 一番ベーシックなもの?
自分にとって、スタイルであって、
そして自分のスタンスであるもの?
生活の一部?

リーバイス®が、1873年5月20日に、
リベット付きのジーンズを発明した時から、
まもなくして1890年に誕生した501®
この130年間、たくさんの人々に愛され続けてきました。
ジーンズの原型とも言われ、
そのベーシックさゆえに、着る人を受け止め、
その人らしさを表現する
究極のアイテムの一つかもしれません。
自分らしくあるって、簡単なようで難しい。
自分の好きを続けるのも、シンプルなようで難しい。
私らしさ。あなたらしさ。
あなたの501®を探しにきませんか?

  • POINT1
    RED TAB®とアーキュエットステッチ

    リーバイス®を履いている人は、後ろ姿ですぐにわかります。右バックポケット内側に縫い付けられた小さな赤いタプ。1938年に商標登録されました。当時、ロデオ競技のときに、遠くから見てもリーバイス®だとわかる様につけられたのが始まりです。そしてポケットについている、ステッチ。アーキュエットステッチとよばれています。リーバイス®が初めてジーンズを発明した時からの目印です。

  • POINT2
    ブルージーンズのお誕生日

    ご存知でしたか?リーバイス®のデニム商品についている、パッチ。ツーホースパッチと呼んでいます。この中に、ジーンズが誕生した、1873年
    5月20日の日付が記載されています。

  • POINT3
    ボタンフライ

    1890年に501®が誕生した時から展開している未洗いのリジッドジーンズ、SHRINK-TO-FIT™ (シュリンク トゥ フィット)。現在は防縮加工が施されていますが、当時、洗うと大幅に縮むこの生地に対応できるのがボタンフライでした。つまり、ボタンフライと生デニムの組み合わせは、501®の原点ともいえる組み合わせなのです。リーバイス®は現在も、当時の生地やディティールを忠実に復刻したリジッドの501®を展開しています。着用する人の身体とその人の動きに合わせてフィットするSHRINK-TO-FIT™ (シュリンク トゥ フィット)で、“育てるデニム”を楽しんでみませんか?(もちろん“育てる”ことをまたずに、すぐに楽しんでいただけるシュリンク トゥ フィットではない生地による501®もたくさんの種類を用意しています。)

WE ARE 501®. We are Original. Endless Story.

ゆっくりと。自分らしく。
自分と同じ呼吸で、同じリズムで、
そんな風に育っていく服があります。
あなたのストーリーを聞かせてください。

「あなたにとって、501®とは?」

  • リーバイス・Lot1 マスターテイラー 1984年生まれ
    「普通、日常」
  • 「ジーンズのスタンダード。」
    リーバイス・マスターテイラー 1988年生まれ
  • ミュージシャン 1986年生まれ
    「自分と一緒に手を取ってくれる、ありがたい存在。いつも新しい印象のある面白い存在」
  • リーバイス・PR 1985年生まれ
    「大尊敬している存在。130年間もの間、ずっとそこにいて進化し続けるなんて、すごすぎる!!」
  • 「正装。おばあちゃんになっても着れる。かんこうそうさいで、むしろ選びたい。」
    ラッパー 1988年生まれ
  • 会社員 1977年生まれ
    「原点であり、頂点のジーンズ。」
  • ミュージシャン/モデル 2000年生まれ
    「このショートパンツは、初めて手にした新品のLEVI'S®でした。MVでも使用した思い出深い物です。デニムが大好きなのでコレクションしたいです。」
  • 「西のシンボル」
    リーバイス・ストアマネジャー 1986年生まれ
  • リーバイス・ストアスタイリスト
    「G.O.A.T Greatert of All Time」
  • ミュージシャン 1999年生まれ
    「どんな時代にも寄り添う優しくてかっこいいお洋服。そんなお洋服が似合う女性になりたい。」
  • 「お守りみたいなもの」
    リーバイス・ストアスタイリスト 1996年生まれ
  • リーバイス・ストアスタイリスト 1995年生まれ
    「いつでも楽に着られるデニム。」
  • ギタリスト 1991年生まれ
    「ずっと好きで、かっこいいジーンズ。」
  • 「15歳の時に知り合って、17歳から付き合い始めて、今もずっと一緒にいる。永遠のボーイフレンド。」
    リーバイスマーケティング 1969年生まれ
  • 「その時々の思い出を刻む物。」
    リーバイスマーケティング/小学生 1980年生まれ/2013年生まれ
  • リーバイスマーケティング/小学生 1982年生まれ/2013年生まれ
    「節目に穿く。」
  • 「変わらない事の大切さを思い出させてくれる物。」
    会社員 1984年生まれ
  • 歌手 1990年生まれ
    「永遠の友。」
  • リーバイス・テーラー 1995年生まれ
    「歴史の先生!!」
  • 「The ジーンズ!!高校の時から穿き続けています。新品はもちろん、穿き混んで自分色に染めていくのを楽しめるジーンズ。」
    ミュージシャン 2000年生まれ
  • リーバイス・ストアスタイリスト/ダンサー 1995年生まれ
    「踊る時も、普段着でも最高にモチベーションを上げてくれるもの。」
  • ミュージシャン 1999年生まれ
    「これからもずっと一緒に付き合っていく友達のような存在。穿く度に、「これだ!」という安心感と、毎日期待を超えてくれるワクワク感。大好きです!」
  • 「20年間置い続けられる取材対象。」
    記者 1978年生まれ
  • リーバイスマーケティング 1983年生まれ
    「永遠の定番。クローゼットの特等席。」
  • 自営業 1976年生まれ
    「初めてカッコいいと思ったジーンズで、ずっとはき続けたいジーンズです。」

5:01® LIVE

1873年5月20日。ブルージンズのお誕生日を
セレブレーションするミュージックイベント。
2021年5月20日5:01PMより、
オンラインライブを開催します。

  • AKKO GORRILA 2015年生まれ
    2人組バンドHAPPY BIRTHDAYでドラマーとしてメジャーデビュー、その後、2015年にラッパーとしてソロ活動を開始し、『シンデレラMCバトル』で優勝を飾る。
    現代社会の歪なジェンダー観へのカウンターや“普通”とは何かを問う楽曲で世間一般の“当たり前”を揺るがすメッセージを常に発信。
    また、生理用の選択肢の多様化を目指すプロジェクトへの参加やJ–WAVE『SONAR MUSIC』メインナビゲーター、大学での『現代文化活動におけるジェンダー論』講義など、様々な壁を超えた表現活動を行う。
  • 柴田聡子 2010年生まれ
    柴田聡子
    1986年札幌市生まれ。シンガー・ソングライター。恩師の助言により2010年より音楽活動を開始。最新作『がんばれ!メロディー』まで、5枚のオリジナルアルバムをリリースしている。
    2016年に上梓した初の詩集『さばーく』でエルスール財団新人賞現代詩部門受賞。文芸誌への寄稿や連載も多く、歌詞にとどまらない独特な言葉の力が注目を集めている。映画『ほったまるびより』、ドラマ『許さないという暴力について考えろ』への出演や、2020年7月にリリースした4曲入りEP『スロー · イン』収録曲「どうして」のミュージックビデオの撮影 · 編集を含めた完全単独制作など、その表現は形態を選ばない。2021年5月12日、『がんばれ!メロディー』アナログ盤を発売予定。
  • FAITH 2015年生まれ
    FAITH
    長野県伊那市発、Akari Dritschler[アカリ ドリチュラー](Vo)、ヤジマレイ(Gt&Vo)、レイ キャスナー(Gt&Vo)、荒井藤子(Ba)からなる平均年齢21歳の新世代グローバルポップバンド。
    2015年、別々の高校に通うメンバーが伊那GRAMHOUSEに集まり結成。
    2017年11月リリースの1st Mini Album『2×3 BORDER』がApple Musicの今最も注目すべき新人アーティスト作品に選出される。2018年12月、“ロックプリンセス”クリッシー · コスタンザ率いるAgainst The Currentワールドツアー東京公演のオープニングアクトに抜擢。2020年1月15日、Major 1st Album 『Capture it』をVAPよりリリース。ラジオオンエアチャート2020年上半期総合2位にランクインするなど、音楽へのピュアな熱量とボーダーレスな本格サウンドを兼ね備えた新時代のニューカマーとして話題を呼んでいる。2021年4月28日、2nd Album『Sweet Error』をリリース。
  • SHOKO & THE AKILLA 2016年生まれ
    SHOKO & THE AKILLA
    2016年10月に結成した湘南出身のShoko(Vo)とAkilla(Gt)によるデュオ。
    それぞれが幼い頃から音楽好きな両親や兄妹の影響を受けて、ブルースやスカ、レゲエ、ソウルなどのブラックミュージックに親しむ。
    2018年10月、初の音源となる2枚の7inch、『Country Road』と『憧れの場所』をリリースし、瞬く間に完売。
    2020年3月、自身のレーベル『PAPILLON』を立ち上げ、オリジナル楽曲『側にいれば』を7inchと配信シングルとしてリリース。
    2020年8月、待望のファースト · アルバム『Shoko & The Akilla』をリリースした。
    これまで自分たちの耳で聴いてきた音楽をベースに、ジャンルという枠に縛られない音楽を作り続けている。

視聴するには、下記の2つの方法からお選びいただけます。