LEVI’S® Red

Levi’s®Red
秋冬コレクション、始動。

リーバイス®ブランドのプレミアムラインとして1999年に登場した「Levi’s®Red」。当時、“アイコンである5ポケットジーンズを再解釈し未来のデニムを創造する”というコンセプトの下、リッキー・コフ率いるLevi’s®EUROデザインチームは、それまでのジーンズの概念を覆す全く新しいジーンズを誕生させました。
世界で初めて3D Constriction(立体裁断)を採用した1999年のファーストコレクションは、501®を穿いていくうちに生まれる裾の“ねじれ”をインスピレーションにデザインされ、ジーンズを知るオリジンだからこそ生み出せる斬新なデザインは、たちまち大ブームとなりました。歴史を踏まえながらも斬新なコンセプトやデザインを打ち出し、実験的かつ高い技術を要する革新的なコレクションは、ジーンズというスタンダードなアイテムの枠を超え、ワークウエアとモードの融合のはしりとして、ファッション界に大きな影響を与えました。 これまで不定期に発表されてきた「Levi’s® Red」は、近年のリーバイス®の歴史の中では最もコレクターの支持を集めてきたコレクションの一つといえるでしょう。
2021年「Levi’s® Red」は、2014年以来7年ぶりとなるコレクションで、2003年に発表したワークウエアにインスパイアされた「Levi’s® Red」を、現代にアップデートしたコレクションです。インディゴに映える黄色のパッチと、敢えて歪に縫製された味のあるアーキュエット・ステッチ、そしてポケットの補強のためのランダムステッチや左右非対称ポケット、太めに縫い合わされた裾やツールポケットなど、2003年モデルの「Levi’s® Red」のデザインやディテールが落とし込まれています。また、今回展開するデニムを使用した全てのアイテムにはサステイナブルな生地を採用し、当時の斬新なコンセプトや複雑なデザインをサステイナブルに実現するという、現代において最も重要な要素である製造の工程にもこだわったコレクションでもあります。この秋冬コレクションには、高級デニムファブリックとして人気のある、キャンディアーニ社のファブリックを搭載した、テイラー・ジャケットとキルティングを裏地に使用したロングコートは、これからのシーズンのマストアイテムに。定番の502、505のシルエットのほか、プリーツの入ったトラウザーストラクチャーのデニム、ベルトをあしらったストレートシルエットのボトムスは、シーズンならではの新鮮さを感じさせるアイテムです。クローゼットのアップデートにぜひ取り入れてみてください。

Profile

UTA(ウタ)SNS:

モデル。1997年、東京生まれ。日本、スイス、アメリカを経て、現在は日本で大学に通う。2018年、フランスのモデルエイジェンシーSUCCESSと契約し、パリ・ファッション・ウィークにてランウェイデビューを果たす。その後も学業とバスケットボールを両立しながら、さらにミラノ、ロンドン、ニューヨークでもモデルとして活躍する。

utauchida.com

dodo

アーティスト1995年生まれ
HIPHOPに感化され、音楽制作を志す。2019年に自身で制作した楽曲"im"がYouTubeでヒットする。現在はその楽曲を中心とした収益を元手に、次なるヒット曲を作るための試行錯誤な日々を送っている。
好きな食べ物は麺類
座右の銘は「反省」
あなたの人生のBGMを目指して頑張りマウス
人生はまだ長いよ、あきらめない。

Special Movie

  • SPECIAL MOVIE