LEVI’S® Red

2021年、Levi’s® Red再始動

リーバイス® ブランドのプレミアムラインとして1999年に登場した「Levi’s® Red」。当時、“アイコンである5ポケットジーンズを再解釈し未来のデニムを創造する”というコンセプトの下、リッキー・コフ率いるLevi’s® EUROデザインチームは、それまでのジーンズの概念を覆す全く新しいジーンズを誕生させました。
世界で初めて3D Constriction(立体裁断)を採用した1999年のファーストコレクションは、501®を穿いていくうちに生まれる裾の“ねじれ”をインスピレーションにデザインされ、ジーンズを知るオリジンだからこそ生み出せる斬新なデザインは、たちまち大ブームとなりました。歴史を踏まえながらも斬新なコンセプトやデザインを打ち出し、実験的かつ高い技術を要する革新的なコレクションは、ジーンズというスタンダードなアイテムの枠を超え、ワークウエアとモードの融合のはしりとして、ファッション界に大きな影響を与えました。
これまで不定期に発表されてきた「Levi’s® Red」は、近年のリーバイス®の歴史の中では最もコレクターの支持を集めてきたコレクションの一つといえるでしょう。

今回展開する「Levi’s® Red」は、2014年以来7年ぶりとなるコレクションで、2003年に発表したワークウエアにインスパイアされた「Levi’s® Red」を、現代にアップデートしたコレクションです。
定番シルエットに加え、ルーズシルエットを中心に展開。インディゴに映える黄色のパッチと、敢えて歪に縫製された味のあるアーキュエット・ステッチ、そしてポケットの補強のためのランダムステッチや左右非対称ポケット、 太めに縫い合わされた裾やツールポケットなど、2003年モデルの「Levi’s® Red」のデザインやディテールが落とし込まれています。
また、今回展開するデニムを使用した全てのアイテムにはサステイナブルな生地を採用し、当時の斬新なコンセプトや複雑なデザインをサステイナブルに実現するという、現代において最も重要な要素である製造の工程にもこだわったコレクションでもあります。

メンズは、定番フィットの505と502に加え、ワークディティールであるダブルニーが特徴の「LOOSE STRAIGHT」(※限定店舗)や、クロップ丈と後ろのタックとトラウザーポケットが特徴の「TAPER TROUSER」(※限定店舗)、オーバーオール、そして505とSTAY LOOSEは、UTILITYモデルとして、ワークウエアディティールを搭載したデニムと、深みのあるオリーブやゴールドオーカーカラーを展開。

Profile

5lack

日本東京出身のラッパーであり、それと同時にトラックメイカーでもある。最新作アルバム『この景色も越へて』は、限定リリースのCDは告知当日に即完売し、一般流通しているデジタル版も高評価、高セールスを記録。近年では、フジロック・REDMARQUEE、赤坂BLITZ、板橋区立文化会館・大ホールなどでのライブ活動も盛んに行っており、それらも大きな評価を獲得している。2015年・年末から地上波で放送されているNTT ドコモによる2020 年東京オリンピック・キャンペーンCM "Style ’20 “に書き下ろした楽曲「東京」は、2020年1月からロバート・グラスパーが編曲を担当したバージョンも放送されている。東京、福岡、その他数カ所に拠点を持ち、現在も日本国内を中心に広がり続ける5lack の活動から目が離せない。彼を語らずして日本のHIPHOPは語りきれない。

https://5lack.com
https://instagram.com/5lack6