ZIP IT !

ジップ・フライ。ストレートフィット。私たちのアーカイブのフィットの中から、ビンテージ・スタイルを感じさせるスタイルで復活したのが、551Z。

1950年代後半に、リーバイス®は、東海岸のマーケットへの進出をしていく中で、それまで主流であった、洗って穿き込むほどに、自分の体型に馴染む“ Shrink to fit”は、あまり馴染みませんでした。洗うと2インチほど縮むことや、ボタンフライを受け入れてもらうことが難しいことを受け、X Xデニムの防縮加工の開発を始めました。そしてこれによって生まれた技術によって、極力の縮みを抑えることに成功、これによって、PRE-SHURUNK (プレ・シュランク)のデニムを誕生させることになります。当時、細身のラインと、ジップ・フライそして、この縮まない生地を使用した製品、551Zは、1961年に登場。アメリカの東部で絶大な人気を呼ぶこととなりました。その後、1967年にジップフライのアイコン、505が誕生。505はカウンターカルチャーのシンボルとして、ラモーンズやローリングストーンズといったロックミュージシャンやポップアーティストなどに愛用され、日本では原宿ストリートカルチャーとともに進化してきました。

今回発売する551Zは、股上の深い505の特性は踏まえつつ、腰回りから太ももにかけて505™よりもさらにゆったり、裾口にかけてテーパードがかかっているルーズストレート(オーセンティックストレート)です。四角い大きめのバックポケット、股上の深めのJステッチ、バックポケットのオレンジステッチといった当時のディティールを落とし込みつつ、生地はコットン100%のコットンナイズドヘンプを使用し、現代にアップデート。セルビッジ生地を使用したリジッドモデルなどのオーセンティックカラーから、ブリーチホワイトやストーンウォッシュといった90代ストリートを彷彿させるカラーまで、幅広いラインナップで展開します。